【最新】赤ら顔の原因や対策をまとめてみた!漢方で治せる?

【最新】赤ら顔の原因や対策をまとめてみた!漢方で治せる?

赤ら顔で悩んでいる女性は多いと思います。

  • メイクをしても隠せない
  • 隠すには厚化粧になってしまう
  • 厚化粧による赤ら顔の悪化

など赤ら顔を隠そうと厚化粧して、逆に赤ら顔が目立ってしまう人も多いのではないでしょうか?

それに赤ら顔になるおもな原因は人それぞれ異なります。

赤ら顔の原因と対策

赤ら顔ケアするにも、原因によって異なったケアが必要です。

ここでは赤ら顔の原因についてと、赤ら顔のケア方法や改善・対策方法をまとめてみたのでご紹介したいと思います。


目次
赤ら顔の原因は?洗いすぎ?化粧のせい?
赤ら顔の原因その1:敏感肌タイプ
赤ら顔の原因その2:乾燥肌タイプ
赤ら顔の原因その3:ニキビタイプ
赤ら顔の原因その4:脂漏性皮膚炎
赤ら顔は漢方で治せる?
赤ら顔の原因と対策まとめ


赤ら顔の原因は?洗いすぎ?化粧のせい?

赤ら顔の原因は?洗いすぎ?化粧のせい?

赤ら顔の原因はおもに

  • 敏感肌
  • 乾燥肌
  • ニキビ
  • 脂漏性皮膚炎

の4つだといわれています。

これら4つの赤ら顔の原因は、すべて赤ら顔ケアの方法が異なります。

自分がどの赤ら顔のタイプなのかを把握し、適切に対策することが赤ら顔改善の近道なんです。

赤ら顔になる原因と対策を、タイプ別でまとめてみました。

まずは自分が赤ら顔になる原因を理解して、適切な赤ら顔ケアを行い美肌を目指しましょう♪

赤ら顔の原因その1:敏感肌タイプ

赤ら顔の原因その1:敏感肌タイプ

赤ら顔の原因の1つ目は、敏感肌の人に起こりやすいとされています。

敏感肌になると皮膚が薄くなり、少しの刺激でも肌が過剰に反応し炎症を起こしてしまいます。

  • かゆみですぐ触る
  • 顔を触ってしまうクセがある
  • 化粧品がそもそもあっていない

などにより皮膚が薄くなり、毛細血管が透けて見えることで赤ら顔になってしまいます。

敏感肌タイプの赤ら顔対策その1:優しくスキンケアする

敏感肌タイプの赤ら顔対策その1:優しくスキンケアする

赤ら顔対策として敏感肌タイプの人は、優しくスキンケアすることが1つのポイントです。

ゴシゴシ洗顔する人や、化粧を落とすために強力なクレンジングで強い刺激を与えていると、敏感肌になってしまいます。

そのため敏感肌で赤ら顔になってしまう人は、優しくスキンケアすることが大切です。

敏感肌タイプの赤ら顔対策その2:規則正しい生活をする

敏感肌タイプの赤ら顔対策その2:規則正しい生活をする

敏感肌タイプの赤ら顔対策2つ目は、規則正しい生活をすることです。

とくに睡眠不足は赤ら顔に大敵。

肌が修復されるのは、「ノンレム睡眠」状態の時だといわれています。

そのためできるだけ夜更かしを避け、質の高い睡眠をしっかり取ることが赤ら顔を対策するうえで大事なポイントなんです。

赤ら顔の原因その2:乾燥肌タイプ

赤ら顔の原因その2:乾燥肌タイプ

感想肌の人は赤ら顔になりやすいといわれています。

肌が乾燥してしまうと、角質層が生成されにくくなるそう。

そのため敏感肌と同じく、血管が浮き出て見えることもあるようです。

とくに季節の移り変わりや、外と部屋に出入りすることが多い人は要注意。

気温差があるだけで肌荒れの原因になってしまうからです。

そのため1日1度は肌の保湿をしっかり行うことが重要になってきます。

乾燥肌タイプの赤ら顔対策その1:しっかり保湿する

乾燥肌タイプの赤ら顔対策その1:しっかり保湿する

乾燥肌で赤ら顔になる人は、しっかり保湿することが大事です。

  • お風呂に長時間浸かる
  • 冷水で洗顔
  • 暑いお湯のシャワーを顔に当てない

など日常の肌へのダメージとなりうる、何気ない行動を改善することで赤ら顔の対策ができます。

高い赤ら顔対策のケア用品を使用する前に、日常生活のちょっとした動作で改善しましょう♪

乾燥肌タイプの赤ら顔対策その2:ターンオーバーを早める

乾燥肌タイプの赤ら顔対策その2:ターンオーバーを早める

乾燥肌は、肌のターンオーバーを整えることで対策することができます。

ターンオーバーが乱れてしまうと角質層がうまく形成されず、結構不良を起こしてしまい乾燥肌になるそう。

そのため肌のターンオーバーを整えて、保湿機能・バリア機能を改善することが必要です。

赤ら顔の原因その3:ニキビタイプ

赤ら顔の原因その3:ニキビタイプ

ニキビタイプの赤ら顔の人は、赤いニキビ跡が原因です。

ニキビタイプの赤ら顔の特徴が、炎症によりニキビができた周辺が赤くなっています。

この赤みを放置していると、茶色く黒ずんでしまったり、悪化してしまうとクレーターのような穴が空いてしまうことも。

そのまま放置せずにスキンケアすることで、赤ら顔の対策を可能することができます。

ニキビタイプの赤ら顔対策その1:油分を控える

ニキビタイプの赤ら顔対策その1:油分を控える

ニキビタイプの赤ら顔の人は、油分を控えることが必要です。

ニキビの原因であるアクネ菌は、油分を栄養源としています。

そのため顔の皮脂が多い人は

  • 油分を使用していない化粧水を使う
  • 脂ものを控える
  • 野菜中心の食事に切り替える

ことでニキビによる赤ら顔を改善することが可能です。

ニキビタイプの赤ら顔対策その2:紫外線対策をする

ニキビタイプの赤ら顔対策その2:紫外線対策をする

ニキビタイプの赤ら顔の人は、紫外線予防をしましょう。

屋外へ出る際は日焼け止めを使用したり、肌を露出しないことが大事です。

とくに日傘をさすことで簡単に紫外線を防ぐことができるので、外出する際は日傘を持ち歩くことをおすすめします。

赤ら顔の原因その4:脂漏性皮膚炎

 

赤ら顔の原因である脂漏性皮膚炎は、ニキビの悪化やかゆみが原因で起こるとされています。

乾燥肌やアトピーに間違えられることが多く、さらに皮膚炎だと認識していない人も少なくありません。

6~8月にかけて悪化しやすいといわれており、夏場などの多湿・高気温の時に症状が現れる人が多いそう。

脂漏性皮膚炎タイプの赤ら顔対策その1:ファンデーションを極力使わない

脂漏性皮膚炎タイプの赤ら顔対策その1:ファンデーションを極力使わない

脂漏性皮膚炎になってしまった場合は、極力ファンデーションの使用を控えることをおすすめします。

油性の方はファンデーションを使用すると脂で浮いてしまい、肌荒れの原因になるそう。

そのためいつもより少なめにファンデーションを薄く塗るか、ファンデーションを使用しない日を決めることが脂漏性皮膚炎による赤ら顔改善につながります。

脂漏性皮膚炎タイプの赤ら顔対策その2:油分を減らす

脂漏性皮膚炎タイプの赤ら顔対策その2:油分を減らす

脂漏性皮膚炎はニキビタイプの赤ら顔と同じで、油分を減らすことで改善することができます。

  • 普段の食生活を見直す
  • 野菜中心の食生活に切り替える
  • 香辛料などの刺激物を控える

などが必要です。

脂漏性皮膚炎はニキビと区別が付きにくく、間違ってニキビケアをするとかえって悪化する可能性もあるそう。

自分の赤ら顔のタイプを理解し、適切に対策をして改善していくことをおすすめします。

赤ら顔は漢方で治せる?

赤ら顔は漢方で治せる?

赤ら顔は漢方で治すことができます。

ただし赤ら顔のタイプによって異なるので、自分の赤ら顔になる原因を知ることが大切です。

脂漏性皮膚炎の場合は、漢方が赤ら顔に有効とされているそう。

まずは自分が赤ら顔の原因とタイプを知るためにも、皮膚科を受診することをおすすめします。

赤ら顔の原因と対策まとめ

赤ら顔の原因と対策まとめ

赤ら顔の原因は?洗いすぎ?化粧のせい?
赤ら顔の原因その1:敏感肌タイプ
赤ら顔の原因その2:乾燥肌タイプ
赤ら顔の原因その3:ニキビタイプ
赤ら顔の原因その4:脂漏性皮膚炎
赤ら顔は漢方で治せる?

赤ら顔は原因を理解して、対策することで改善することができます。

まずは自分の赤ら顔のタイプを理解することがポイント。

適切な赤ら顔対策を行い、自分の理想の美肌を目指してみませんか?

【2019年】赤ら顔に効く化粧水おすすめ人気ランキング5選!選び方とプチプラ市販品の口コミも!

2018.10.12

おすすめ人気赤ら顔ケア化粧品ランキング

※画像タップで最安値に飛びます

第1位:白漢しろ彩

「敏感肌の93%もの人がその赤ら顔ケア効果に満足した大人気の赤らが絶大人気の赤ら顔化粧品!

白漢しろ彩

第2位:ピオリナ

漢方エキスをハイブリット配合
した芸能人も使っているほど大人気の赤ら顔ケア化粧品!
ピオリナ

第3位ULUモイストミルク

浸透セラミドをたっぷり凝縮している赤ら顔ケア化粧水!ULUシェイクモイストミルク

↓赤ら顔おすすめ化粧水ランキングはこちら↓

赤ら顔スキンケア化粧水おすすめ人気ランキング5選!赤みをケアしたい人必見!市販品口コミも!